読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界をぜんぶあげるよ

にゃんごろぴっぴっぴヾ(*ΦωΦ)ノ

私の誕生日が祝われないわけ

 

明日仲のいい友人達と飲み会をする。

 

 

そこで友人Aにサプライズをするらしい。

 

といっても少人数の飲み会で、しかも急遽決まった飲み会。

 

 

友人Aには既に誕生日プレゼントは渡していて、Aの誕生日は約一ヶ月前

 

当然サプライズで祝うという考えは私には抜けていた。

 

でも店決めをしてから(今日)、友人Bからお祝いをしようという提案があった。

 

え、結構今更じゃない?wという気持ちもあるけど、めでたいことなのでサプライズの片棒を担ぐことに。

 

 

明日昼にケーキを買う予定である。

 

 

 

 

 

正直……

 

 

 

 

 

うらやまじいいいいいいい!!!!!!

 

 

 

わたしなんか1回も友達との飲み会でサプライズケーキとかされたことないもんね!?!?

 

 

 

例えば、仲良しグループ5人いたとしたらほかの4人は何かしらの形で祝われるが私だけは何故か祝われない。

 

 

今までずっとそうでした、はい。

 

 

ちなみに、ほかの人の誕生日企画の際にめんどくさがったり空気を読まない行動をしているという訳ではない。ノリノリである

 

 

 

誕生日を人に祝われないという話をすると必ず共感してくれる人がいる。

「あ、わかるわかる〜☆私も春誕生日だから仲良くなって誕生日聞かれる頃には終わってるんだよねー!」

 

 

ねぇちょっと!ほんとにわかってる!?

仲良くなったなら来年あるやん!ねぇ!

 

しかもそういう共感してくる人に限って、地元ではお祝いしてもらってたり、友達の多いリア充であったりする。

 

 

ちなみにほんとに共感してるならそもそもそんな明るいテンション出せないからね!?こちとらほんとに悲しいんだからね!?

 

 

 

この年になると、いくつになったの?とか聞かれるのも嫌だし忘れられてめほっとする部分もあるけど、毎年の誕生日は基本寂しいものです。

 

 

祝いのメッセージも来ないしね。

 

 

 

そこで、何故自分が誕生日祝われない症候群に罹患しているのか、リスク因子を列挙してみることとする。

 

 

①本当に仲のいい友達がいない

これはある。正直群を抜いて仲のいい友達がいない。誕生日を覚えているほど親しい人がいない。

確かに、自分は人と同調して何かすることが少ないのかもしれない。割と最近まで、「友達との付き合いは学校の中で完結するもの」と思っていたのだけど、どうやら世間は違うようで、毎日友達と遊んだりする人もいるらしい。

まぁそのせいで付き合いも人に比べちゃ少ないし、自ずと仲良くする人も減るわな…

 

 

 

あれ?この推論いきなり辛くない?自分、自分に厳しすぎじゃない?泣けてきたわ…

 

 

 

②誕生日が夏休みである

しかも夏休みのお尻の方

お盆の後、みんなとは遊ばない時期である。

きっとこの時期のせいで祝われないんだろうと思っている。きっとね…きっと。

そうじゃないとやりきれないし…

 

 

 

もう辛いので推論やめます…

涙で画面が見えないよ、パトラッシュ…

_(´p`」∠))_

 

 

 

そんなわけで、

今年も祝われないことに乞うご期待!!

 

 

 

 

 

あ、もう1個因子思い出した

 

 

 

③自分が忙しくて遊べない…

帰省したり遊んでたりしてるわ…

毎年そんなかもしれない…

 

 

だめだこりゃ!!